2008年07月21日

花壇の縁取り

すてきなガーデンを目指して、花壇作り。

花壇に植える植物をより美しく、綺麗に見せるポイントになるものに、花壇の縁取りがありますね。

縁取りの材料や、仕切り方ひとつで、お庭はさまざまな表情に変わります。

ガーデニング用品店には、たくさんの種類の縁取りの材料があります。
レンガやブロック、枕木、丸太、木製の連杭、またプラスチックやポリプロピレン製の土留めなど、様々なものがあります。

レンガ1つとってみても、色々な形、デザインがあり、価格も幅広いです。
お店によって扱っている種類も違うので、お気に入りの材料が見つかるまで色々なお店を回ってみるのも楽しいですね。

配置の仕方にも工夫してみてください。
連杭ならカーブを付けてみたり、レンガなら1種類だけでなく、複数の種類のものを組み合わせて作っても楽しいですね。

地面より高い位置に作った花壇、レイズドベッドも素敵です。
レンガや枕木などを積み上げ、その中に培養土を入れて花壇にします。
水はけも良く、高さのある花壇は、お庭の景観に変化が出ますよ。

レイズドベッドは、土がない場合でも同じようなイメージで作ることができます。
プランターに花を植えて、その周りにレンガを置いたり、連杭で囲んだりすると、レイズドベッドのような、高さのある花壇風に仕上げることができますよ。

市販の縁取り用品だけでなく、植物を縁取りに使う方法もあります。
スイートアリッサムやチャイブ、ウッドボックスなど、背丈の低い植物を利用すれば、可愛らしい縁取りになりますよ。
どんな草花にもなじむ、白色や、無彩色のものが使いやすいです。
自分の好みで選んでみてくださいね。

ラベル:花壇
posted by 花壇 at 00:00| 花壇について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。