2008年07月23日

土ずくり

花壇の植物が健康に美しく育つには、良い土作りが重要です。

良い土の条件は、適度な水はけと水持ち、通気性があり、有機質を含むことです。

ミミズが住むような土が良いと言われていますが、握った時に柔らかく弾力のある土が良いです。

また、清潔で、土壌酸度が中性のPH7.0から弱酸性のPH5.5〜6.5であることも大切です。

花壇を作る時は、まず深さ30cmほど掘り起こして、雑草やゴミ、ゴロ石などを取り除きます。
その後、1u当たりにつき、腐葉土やピートモス、完熟堆肥、パーク堆肥などの有機物をバケツ1〜2杯分くらい全体的にまいていきます。
苦土石灰をまき、土にすきこんで良く混ぜて、1、2週間なじませます。
雨が降らなければ、水やりをしてくださいね。

すでにある花壇の土を改良する時は、まず、土壌酸度をチェックしてください。
酸度が適当でないと、植物は養分を吸収することができません。
土壌酸度は、市販の試薬や、土壌酸度計を利用すれば簡単に調べることができますよ。
植える植物の好みに合わせて改良しますが、一般には、土壌がアルカリ性の時はピートモスを、酸性の時は石灰をすき込みます。

土壌酸度を調整したら、土を深さ30cmほど堀り、上下を入れ換えます。
冬場の寒い時に行うと、土の中にもぐっていた害虫が寒気に当たって死んでしまうので、害虫駆除に効果的です。
掘り返した土はできれば2〜3カ月ほど寒気にさらしておきます。春まで寒風にさらされると土が風化されて、土質が改善します。
春になって、苗を植えつける時に、腐葉土を混ぜ込み土を整えて平らにします。

植物で一番大切なところは根の部分です。健康な根を育てるには、根を包みこむ良い土を作ることが大切ですね。
土作りは重労働で大変ですが、可愛い植物のために頑張ってくださいね。
ラベル:土壌 花壇
【関連する記事】
posted by 花壇 at 00:00| 花の栽培について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。