2008年07月28日

株分け

花壇にたくさん咲くお花は素敵ですが、園芸店で花苗をたくさん買ってくるのは大変だし、お金もかかりますよね。

今花壇に咲いているお花を、お家で増やしてみましょう。

植物を増やす方法には色々ありますが、その中でも失敗の少ない、簡単な方法は株分けです。
株分けは、主に観葉植物や、多年草の植物に行います。
何年も同じ鉢のままで大きくなってきた観葉植物は、鉢の中で根がいっぱいになって、水はけが悪くなってしまい、生育不良になります。
また、花壇などに植えっぱなしの植物も同じで、年々大きくなってくると、花付きが悪くなったり、まわりの植物の生育を妨げたりしてしまいます。

こんな時に、大きくなった株を、根っこが付いたまま2つに分けて株分けをし、植物を若返らせてあげましょう。

まず、大きく育った植物を掘り起こし、根の部分をほぐして、2つの株に分けやすくします。

次に、根っこの部分から、思い切って2つの株に分けてしまいます。
手で分けにくい場合は、はさみを使って根を切ってやっても良いですよ。

2つに分けたら、古い土をふるい落として、伸びすぎた根を3分の1程度切り詰めて、好きな容器に新しい用土で植えます。

たっぷりと水をあげて、植え替え後1、2週間は風通しの良い日陰で管理してくださいね。

株分けはいつ行っても良いのではなく、適した時期があります。
観葉植物は、5〜7月、9月頃、春に咲く多年草は晩秋に、秋に咲く多年草は早春が適しています。

始めから根が付いている状態の株分けなら、安心ですし、初心者でも簡単に増やすことができますよ。
是非チャレンジしてみてくださいね。
タグ:花壇 株分け
【関連する記事】
posted by 花壇 at 00:00| 花の栽培について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。