2008年07月18日

花壇の種類

花壇には色々な種類があります。

背の低い植物を使って、じゅうたんを敷き詰めたようにいっぱいに植え込んでいく毛氈花壇(もうせんかだん)や、整形式庭園によく見られる、幾何学模様などでデザインされた花壇、沈床花壇(ちんしょうかだん)などもありますが、お庭の花壇としては、ボーダー花壇、寄せ植え花壇、模様花壇が適していて、作りやすいと思います。

ボーダー花壇は、建物や塀などに沿って作る花壇です。
ボーダー花壇を作る時は、手間に背の低い植物、奥に行くほど順に背の高いものといった配置で植物を植えていきます。

寄せ植え花壇は、お庭の中央など、壁に沿っていない部分に、円形や四角形などを形作って植物を植え込む花壇です。
鉢植えに寄せ植えを作るように植物を植えていきます。
円形花壇の場合は、中央に背の高い植物、縁にいくにしたがって背の低い植物を植えていくと、立体的で見栄えが良いです。

模様花壇は背の低い植物を使い、花や葉の色で模様を描くように植え込んだ花壇です。
家庭の花壇では、単純な模様にして、株の姿が乱れにくい植物を使い、線を描くように植えつけると良いです。

植物の色や草丈のほかに、花壇に植える植物を選ぶ時の大切なポイントに、植物の開花期があります。
開花期が同じ時期の植物ばかりですと、開花が一時期に集中して、後は寂しい花壇になってしまいますね。

開花期のことを考えながら、球根類や、一年草、宿根草など、色々な種類の植物を組み合わせると、1年を通して楽しめる花壇になりますね。

タグ:花壇
posted by 花壇 at 02:12| 花壇について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。